ヘッダーナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。 ここからヘッダーナビゲーションです。
ここから本文です。

入院棟スタッフ

産婦人科医師 五十嵐裕一  高柳 健史  戸田 紀夫
看護師 渡部 泰恵子 看護主幹
他32名(助産師17名、看護師10名、看護補助者5名)
薬剤師 五十嵐昌美
管理栄養士 佐藤 田鶴

スタッフからのメッセージ

【看護師・助産師】

「女性と赤ちゃんにやさしい入院棟」をキャッチフレーズに、入院生活を安全・安楽に過ごせるよう多職種と連携を図り対応しています。正常妊婦はもちろん、地域周産期母子医療センターとして24時間体制で母体搬送にも対応しています。

母乳育児が成功できるよう、分娩後から母子同室を行い、個々にあったおっぱいケアに力をいれています。

当入院棟の特徴

夫立会い分娩

ご希望があれば、ご主人が分娩に立ち会うことが出来ます。ご夫婦ともに陣痛を乗り越え、新しい生命の誕生を迎え入れる感動を味わうことができます。

H29.4w1

母子同室

出産直後からの母子同室を行っております。出生直後より母子同室し母乳育児を始めることによって、以前より母乳栄養率が高まりました。帝王切開の場合、2泊3日のNICU入院後母子同室となりますが、母子同室前にお母さんがNICUに通い、可愛い赤ちゃんとの面会ができます。
赤ちゃんの感染対策の面からお子様の面会は兄弟に限り行えます。NICUに席がある赤ちゃんは兄弟でもお子様の面会は制限させていただいております。

H29.4w2

パパのお泊り育児

育児はお母さんが1人で奮闘するものではありません。お父さんもお母さんと共に育児を体験してください(お父さんがお泊りする場合は個室に限ります。)

授乳サロン

ママたちの憩いの場となっています。

小児科医師の回診

毎日小児科医師が回診し、お母さんのおっぱいと赤ちゃんの入院中の経過を見てくれますので安心です。

産褥電話訪問

産後1ヶ月検診までの間に産褥電話訪問を行っております。退院してからの心配事など、24時間電話相談を受け付けておりますので、気軽にご相談ください。

※ホームページからの質問も受け付けております。
 ※面会のお願い
   当科は母乳育児を推進しております。夜間も母子同室しママ達もがんばっています。面会
  時間での短時間の面会をお願いします。また、お子様や多人数の面会、感染症のある方は
  ご遠慮下さい。

平成28年4月改訂

4w2016

ページの先頭へ