ヘッダーナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。 ここからヘッダーナビゲーションです。
ここから本文です。

病院憲章

高度・良質な医療と心のこもった患者サービスで
地域医療を担う基幹病院

基本理念

(1) 診療圏域住民の生命と健康を守り、高度かつ良質な医療を提供し、地域医療機関との機能連携を強化しながら、基幹病院として地域医療の充実に努める。
(2) プライバシーの尊重とアメニティの向上に配慮し、患者が安心と満足が得られる、快適な療養環境の整備に努める。
(3) 医師や看護師をはじめ、病院で働く職員が一致協力し、心のこもった患者サービスの向上に努める。
(4) 医療従事者の教育と臨床研修を重視し、市民から信頼され、地域医療に貢献できる、質の高い医療人の育成に努める。
(5) 医療環境の変化に対応できる経営方針を確立し、安定した経営の基盤づくりに努める。

患者憲章

(1) 医療を平等に受ける権利
どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を平等に受ける権利があります。
(2) 説明を受ける権利
わかりやすい言葉や方法で、病気、検査、治療そして今後の見通しなどについて、説明を受ける権利があります。
(3) 医療選択の自己決定権
十分な説明と情報提供を受けたうえで、自分の意思で治療方法などを選択する権利があります。
(4) 個人情報及びプライバシーの保護
患者さんの個人情報やプライバシーは、保護される権利があります。
(5) 情報提供のお願い
良質な医療を実現するために、患者さんは医療従事者に対し、自身の健康に関する情報を提供していただきます。
(6) 医療協力について
患者さんには、他の患者さんの治療や病院職員による医療提供の妨げにならぬよう、ご配慮いただきます。

臨床倫理

(1) 患者さんの人権、価値観を尊重し、患者さん本人の協力のもと、有効で安全な医療を提供します。
(2) 個人情報の保護と職務上の守秘義務を守り、患者さんの立場に立った医療を実践します。
(3) 終末期医療、延命治療等生命の尊厳に関する問題や医療行為の妥当性等倫理的な問題を含む医療行為については、倫理委員会の審議結果に従い、質の高い医療を目指します。
(4) 臓器移植に該当する場合については、家族の心情に十分配慮し、法令及び当院のマニュアルに基づき適切に行います。
(5) 質の高い医療を効率よく提供することにつとめ、地域医療を守り、鶴岡市とともに発展する病院を目指します。

ページの先頭へ