HOME    初期研修医募集案内

初期研修医募集案内

平成30年度採用初期臨床研修医2次募集案内

  1. 募集人数 定員に達するまで
  2. 研修期間 平成30年4月1日から2年間
  3. 応募締切 平成30年2月28日(水)<必着>
  4. 選考方法 面接試験
    • 場所:鶴岡市立荘内病院
    • ◆面接日時は応募される方のご都合に合わせ調整いたします。
    • ◆当院の規程にもとづき往復交通費を助成します。
  5. 応募書類
    • 次の書類を、面接希望日の概ね10日前までに提出ください。
    • あらかじめメールなどでご相談いただいても結構です。
    • ① 初期臨床研修医採用選考申込書 1部 様式のダウンロード→[Word]  [PDF]
      ② 履歴書(写真貼付) 1部 様式のダウンロード→[Word]  [PDF]
      ③ 大学の卒業(見込)証明書 1部
  6. 病院見学も随時お申し込みを受け付けております。面接時も見学で きます。
    • (あらかじめ希望科などをお申し込みください。)

◆お問い合わせ、応募書類の提出は、下記担当までお願いします。

鶴岡市立荘内病院 総務課臨床研修担当  〒997-8515 山形県鶴岡市泉町4-20
TEL(0235)26-5111 内線6327 E-Mail:rinken@shonai-hos.jp

ページの先頭へ

鶴岡市立荘内病院初期臨床研修プログラムの概要

  • ・プログラム名 鶴岡市立荘内病院臨床研修プログラム
  • ・年間研修スケジュール(基本形)
    区分 1年次 2年次
    4月 オリエンテーション(0.5月) 地域医療(1.0月)
    ・湯田川温泉リハビリテーション病院で研修
    内科(3.0月)
    ・内科(血液.内分泌.代謝.腎臓.緩和ケア)
    ・循環器科・消化器科
    ・呼吸器科・神経内科
    5月 選 択 科(11.0月)
    ・内 科(血液.内分泌.代謝.腎臓.緩和ケア)
    ・循環器科 ・消化器科 ・呼吸器科
    ・神経内科 ・外 科(一般外科.消化器.乳腺.甲状腺.小児外科)
    ・呼吸器外科 ・小 児 科
    ・産婦人科 ・脳神経外科 ・整形外科
    ・麻 酔 科 ・泌尿器科
    ・皮 膚 科 ・病 理 科 ・放射線科 ・救急部門
    ・精 神 科(県立こころの医療センターで研修)
    ・地域保健(庄内保健所で研修)
    以上より選択
    6月
    7月
    救 急(1.0月)
    ・救急センター
    8月
    内 科(3.0月)
    ・内科(血液.内分泌.代謝.腎臓.緩和ケア)
    ・循環器科・消化器科
    ・呼吸器科・神経内科
    9月
    10月
    11月
    選択必修(2.0月)
    ・外  科 ・小 児 科
    ・産婦人科 ・麻 酔 科・精 神 科
    以上5科から2科を選択
    12月
    1月
    2月 救急(1.0月)
    ・救急センター
    3月 選択科(1.5月)
  • ・プログラムの概要及び特色
    1. 必修研修
      ①内科研修(6ケ月)は、内科(血液、内分泌、代謝、腎蔵、緩和ケア)、呼吸器科、消化器科、循環器科、神経内科から選択し、上級医の指導の下でそれぞれ 約6週間研修します。
      ②救急部門研修(3ヶ月)は、2ヶ月を救急センターで研修し、残りは2年次に宿日直を月2~3回行うことで1ヶ月相当以上とし、3ヶ月の研修期間を確保し ます。救急センターでの研修は、上級医について救急車搬送患者を中心に診察し、蘇生手技・気管内挿管などの研修も行います。
      ③地域医療研修(1ヶ月)は、臨床協力施設である鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院で1ヶ月。その間、鶴岡地区内の診療所や庄内保健所の見学なども行います。
    2. 選択必修研修
      選択必修研修は2ヶ月です。外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科から2科を選択し、それぞれ1ヶ月研修します。
      ※精神科は、協力型臨床研修病院である山形県立こころの医療センターでの研修となります。
    3. 選択科研修
      約13ヶ月は選択科研修となり、既に研修した診療科を含め、指導体制がある全ての科で研修できます。
      対象:内科(血液、内分泌、代謝、腎蔵、緩和ケア)、呼吸器科、消化器科、循環器科、神経内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、 呼吸器外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、麻酔科、放射線科、病理科、救急部門、精神科、地域保健 
      ※精神科は山形県立こころの医療センター、地域保健は研修協力施設である庄内保健所での研修となります。
      ※到達目標に未到達がある場合には、到達目標達成に必要な診療科の研修に割りあてることがあります。
    4. その他
      ①オリエンテーション(選択科必修に含まれます)では、医療安全や院内感染対策について学ぶほか、中央検査室研修、静脈注射の研修、看護体験、救急車搭乗、BLS研修な どを行います。
      ②宿日直について、1年次は救急センターで日直研修を行います。2年次は月2~3回程度の宿日直を行いますが、これらは、必修の救急部門研修としての 1ヶ月相当以上に換算されます。
      ③研修は週区切りで進めるため、科等の切り替わり時には、月区切りの場合に比べ週末を有効に利用できます。
      ④プログラムの順番変更や延長などについてもフレキシブルに対応します。
      ⑤研修医向けのプログラムとして、救急へリ搭乗体験、接遇研修、保険診療に関する講習会などが随時行われるほか、BLS・ACLS・JATECなどの救急講習、 緩和ケアのための教育プログラムPEACEの受講などについてもサポートしています。
      ⑥修了認定にかかるレポート作成のため、4週間以上の精神科研修履修が必須となります。

ページの先頭へ

待遇等

<初期研修医の待遇等>

区  分 1年次 2年次 備 考
給  与 (1) 基本給 330,500 円 336,400 円
(2) 地域手当 52,576 円 53,824 円 扶養なしの場合
(3) 診療手当 10,000 円 20,000 円 6月から支給
(4) 研究手当 30,000 円 50,000 円 5月から支給
基本月額(1)~(4)の合計 423,380 円 460,224 円
(5) 宿直手当(1回につき) 支給しない
平日 20,000 円 別途、救急勤務医手当10,000円、 時間外勤務手当を支給。
休日 20,000 円
(6) 日直手当(1回につき) 20,000 円
(7) その他の手当 時間外勤務手当、住居手当、通勤 手当など 正職員に準じる
(8) 賞与 支給しない
雇用形態 市常勤臨時職員 市常勤臨時職員
勤務時間 基本的な勤務時間 8:30~17:15 正職員に準じる。時間外勤務、休日勤務がある。時間外勤務命令は、1年次は月 40時間、2年次は月60時間を上限とする。
休  日 基本的な休日 土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から1月3日までの日
休  暇 年次有給休暇(4月採用の場合) 15日
但し、採用月により異なる。
20日
但し、採用2年目の年度は、前年度の残日数を加算する。
正職員に準じる
その他の休暇 夏季休暇、病気休暇、産前産後休暇、忌引きなど 正職員に準じる
宿 日 直 宿日直当番医の補佐を行う 月に1回の宿直及び2~3回の日直を行う
住  居 医師公舎 荘内病院医師公舎
個人での借上げの場合 住居手当支給(上限あり)
社会保険 健康保険の加入 有り 山形県市町村職員共済組合に加入
厚生年金の加入 有り
労働者災害補償保険 労働者災害補償保険法の適用 有り 公務災害補償法の適用
雇用保険 雇用保険の適用 有り 退職手当組合加入
健康管理 健康診断の回数 年2回 正職員に準じる
病院賠償責任保険 病院・個人で加入 病院で加入 正職員に準じる
医師賠償責任保険 病院・個人で加入 病院で加入 正職員に準じる
外部の研修活動 学会・研修会等の参加 可能 正職員に準じる
学会・研修会等の参加費用支給 (当院規定による) 有り

ページの先頭へ

研修医の出身大学とその後の進路

研修医の出身大学

山形大学、新潟大学、秋田大学、東北大学、千葉大学、島根大学、九州大学、宮崎大学、琉球大学、聖マリアンナ医科大学、獨協医科大学、日本医科大学、 順天堂大学、藤田保健衛生大学、

研修修了後の進路

鶴岡市立荘内病院、山形大学医学部附属病院、新潟大学医歯学総合病院、新潟市民病院、
済生会新潟第二病院、財団法人 竹田綜合病院、国立成育医療センター、湘南鎌倉総合病院、
医療法人鉄焦会 亀田総合病院、社会医療法人仁愛会 浦添総合病院、帝京大学医学部附属病院、

日本医科大学附属病院、東京女子医科大学病院、千葉大学医学部附属病院、日本海総合病院、

新潟県立中央病院、国際医療福祉大学病院、三重大学医学部附属病院、九州大学病院、

琉球大学医学部附属病院、宇治徳洲会病院、昭和大学病院、

ページの先頭へ

研修医募集に関するお問い合わせ

鶴岡市立荘内病院

〒997-8515
山形県鶴岡市泉町4−20
TEL(0235)26-5111 内線6327
総務課臨床研修担当

メールでのお問い合わせ