ヘッダーナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。 ここからヘッダーナビゲーションです。
ここから本文です。

消化器科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓などの病気を扱っています。

私達の検査・治療は時に苦痛も伴います。内視鏡はその典型です。

しかし、内視鏡は体に傷つけずに体の奥深くを探索する優れた方法であり、現代の医療において必要不可欠です。日本の内視鏡レベルは世界最高水準であり、また、当院の内視鏡の年間検査数は胃カメラが約4,400例、大腸カメラが約1,400例、胃瘻造設約120例と山形県内でも上位の症例数となっていますので、皆様の病気の早期発見のお役に立てると思っております。

また、2011年より肝臓専門外来も開設し、B型、C型肝炎治療でお悩みの方など、相談しやすくなっております。

次のような方は、医療が必要な消化器疾患の可能性が高いので、早めに医療機関を受診しましょう。

  • 血液や真っ黒なものを吐いた、お尻から出た(吐血・下血)
  • 白眼や皮膚が黄色くなった(黄疸)
  • 食前・食後にきまって腹痛や嘔吐がある
  • とにかくおなかが痛い!

医師紹介

役職氏名専門医等の資格略歴
主任医長 古屋 紀彦 指導医養成講習会修了 平成 7 年 山形大学卒
医員 中村 秀平   平成26年 金沢医科大学卒
医員 角田 道彦    
医員 齋藤 慶太