ヘッダーナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。 ここからヘッダーナビゲーションです。
ここから本文です。

日本臨床細胞学会認定施設

当科では、常勤病理専門医1名、非常勤病理専門医3名(うち3名細胞診指導医)と6名の臨床検査技師(うち4名細胞検査士)が働いています。そして、細胞診検査、病理組織検査、病理解剖を行っており、臨床医の要望に合わせ迅速かつ正確な診断をめざしています。

がん細胞を探します…細胞診検査

byourika201601

尿、喀痰、胸腹水、婦人科材料、乳房等穿刺吸引物等をスライド

ガラスに塗り、染色し、細胞検査士が顕微鏡でがん細胞や異常細胞

を探します。そして指導医とともに良性、悪性の判定をします。

検体採取の際に苦痛が少ないので、子宮がん、肺がん検診に貢献

               しています。

組織の良性、悪性の診断をします…病理組織検査

byourika201602

各診療科より摘出された臓器を、臨床検査技師がスライドガラスの

標本にします。病理医は顕微鏡で、良性、悪性、病変の広がり、

性質などを診断します。手術中の迅速検査も行っています。

 

遺伝子検査

byourika201603

当科では山形県内で唯一、自施設においてFISH法を行い、

HER2遺伝子増幅の有無を検索しています。そのため、

外部施設に依頼するよりも、迅速に治療の可否を判定

   することが可能です。

病理解剖

お亡くなりになった患者様を、ご遺族の承諾を得て病理解剖させていただき、生前の診断、治療の評価、合併症、死因などを肉眼的、顕微鏡学的に検索します。

スタッフの資格取得状況

病理科計(人)
臨床検査技師   6
細胞検査士   4
国際細胞検査士   3
認定病理検査技師   1
二級臨床検査士(病理学)   3
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者   3
有機溶剤作業主任者   1
危険物取扱者   1

ページの先頭へ