ヘッダーナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。 ここからヘッダーナビゲーションです。
ここから本文です。

呼吸サポートチームとは?

患者さんの早期回復のために、呼吸療法の専門のスタッフによる、人工呼吸器管理、栄養管理、リハビリテーションなどをチーム医療として行なうため、2009年に発足しました。

主治医と、連携を取りつつ、人工呼吸器の適正・安全な使用だけでなく人工呼吸の期間の短縮と予後の改善を目指しています。

メンバー紹介

ラウンド風景写真 ラウンド風景

正岡俊明(代表、呼吸器外科医師)、岸 正人(麻酔科医師)、渡部直人(麻酔科医師)、佐藤喜恵(看護主査)、斎藤由美(看護主任)、長谷川幸人(臨床工学技士、呼吸療法認定士)、高橋加恵(理学療法士、呼吸療法認定士)、辻村りか(看護主任、呼吸療法認定 士)、渡部まゆみ(看護係長、呼吸療法認定士)

活動内容

  1. ラウンド(回診)...早期に人工呼吸療法が終了できるように、人工呼吸器の管理をしています。
  2. リンクスタッフ(内科医師、呼吸器科医師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、入院棟看護師)による包括的支援
  3. 呼吸療法に関する学習会の開催
  4. 呼吸療法に関する標準化

活動報告

  • 平成24年5月24日(木曜日)ネーザルハイフロー勉強会開催
  • 平成23年11月25日(金曜日)院内講演会「呼吸リハビリテーションの実際 ~気道クリアランス法の理論と実際~」
    講師:三井記念病院リハビリテーション部 秋保光利先生

今後の展望

人工呼吸中の期間を短縮し、予後の改善を目指し、適切で、良質な呼吸ケアを提供することを目指して活動していきたいと考えます。

ページの先頭へ