鶴岡市立荘内病院 - Tsuruoka Municipal Shonai Hospital

代表電話(24時間)

0235-26-5111

院長挨拶

院長挨拶

aisatsu.jpg 令和元年12月、中国武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症は、令和3年3月現在、本邦では第3波のピークは越えてはいますが、全国の感染者数は下げ止まりの感を呈している状況です。そのような中、当院でも令和3年3月中旬から医療従事者に対し新型コロナワクチンの優先接種が開始されました。感染症制圧に向けた新たな段階に入ってきたと考えます。このように慌ただしい日常のなかで新年度を迎えられた皆さんに、鶴岡市立荘内病院の院長として一言ご挨拶申し上げます。
 かつて鶴岡は、庄内藩14万石の城下町として栄えた町で、当院は大正2(1913)年に東・西田川郡の組合立の病院として当地で開院し、令和3年6月に創立108周年を迎える歴史と伝統のある病院です。現在、鶴岡市と隣接する三川町、庄内町を主診療圏(人口約15万人)とし、酒田市、遊佐町と新潟県村上市の一部を準診療圏(人口約12万)とする広域医療圏をカバーしております。
 平成15年に現在の病院に新築移転し、25診療科、521床を有する急性期病院として地域医療支援病院の指定を受けています。庄内地域で唯一、山形県地域周産期母子医療センターの認定をうけ、NICU、GCUを設置して周産期医療に力を入れています。また、地域がん診療連携指定病院としてがんの治療成績の向上に努力しています。令和2年7月、国立がん研究センター東病院(大津 敦病院長、千葉県柏市)と医療連携協定を締結し、当院に「がん相談外来」を開設しました。この連携により地域住民に、より専門的で高度ながん医療を提供できるものと確信しています。さらに、臨床研修指定病院として、基幹型、協力型を含め毎年10名程度の初期研修医を受け入れています。救急患者数が多いこと、多彩な疾患の患者に対応できることなどから、救急診療が強く、疾患を総合的に判断できるバランス感覚がとれた研修医の育成に努めています。ちなみに、令和元年度の救急患者数は約1万6000人(1日平均45人)で、救急車搬送患者は山形県内で2番目に多く4000人を超え、1次、2次救急と3次救急の一部を担っています。全国の研修医の皆さんに研修先として選んでもらえるよう、引き続き魅力ある研修環境の整備を進めていきます。
 一方、免震構造や屋上ヘリポートを備えた災害拠点病院として、全国の被災地へDMATの派遣を行うなど災害医療にも力を入れています。また、緩和ケアの取り組みも活発です。平成20年から3年間にわたって行われた厚労省の戦略研究、緩和ケア普及のための地域プロジェクト(OPTIM)に全国4地域の中から選ばれた鶴岡市、三川町では、「庄内プロジェクト」の愛称のもと、当院と鶴岡地区医師会が連携して在宅緩和ケアの普及活動を開始しました。庄内プロジェクトは、OPTIM終了後10年以上経過した現在も、バージョンアップを図りながら活動を継続しています。一方、最近の専門的緩和ケアのニーズの高まりから、当院では、住民からの要望が強かった「緩和ケア病床」を令和2年3月に、庄内2次医療圏で初めて開設しました。現在はコロナ禍の病床再編のため休床にしていますが、できるだけ早く再開し、入院による専門的緩和ケアの提供を希望される患者さんとそのご家族のご要望にお応えしていきます。
 医療の進歩に伴い病院の果たすべき役割、市民から求められる病院像も年々多様化しています。当院は、地域の中核病院としてそれらニーズや変化に的確に対応し、地域住民が安心してこの地で生活できるよう努力いたします。「ひとを大切に、ひとの命、そしてひとの心を大切にする荘内病院」であることをモットーとし、これからも職員一丸となって地域医療に貢献してまいります。また、当院の全職員が生きがいを持ち、働く幸せが感じられるような職場作りを目指していきます。庄内地域の基幹病院の一つとしてその役割を十分果たせるよう、病院長として責務を全うしていく覚悟です。よろしくお願いします。

令和3年4月

鶴岡市立荘内病院
院長 鈴木 聡

このページの先頭へ戻る