ヘッダーナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。 ここからヘッダーナビゲーションです。
ここから本文です。

特色

山形県南庄内地域の唯一の基幹病院で、当科は出生直後から思春期に至るまでの急性疾患から慢性疾患まで、幅広い分野で診療しています。2010年4月に地域周産期母子医療センターに指定され、庄内全域の低出生体重児や病的新生児がNICU(新生児集中治療施設)に集まってきます。また、小児救急は、1年365日午後9時までが小児科医がファーストコールで診療し、それ以降はセカンドコールにて毎日対応しています。

症例数・治療・成績

常勤医はシニアレジデントを含め8名いて、一般小児科入院医療、小児救急、新生児医療の3本立てで診療し、チームワーク(チーム医療)を大切にしています。毎日当直をして、午後9時までの小児救急とNICU業務を担当しています。

外来患者数は1日平均60名で、午前は主に急性疾患、午後は慢性疾患を中心に診療しています。小児救急患者は多く、2009年には年間6,902名を数えましたが、鶴岡市休日夜間診療所(にこふる)の充実とともにその数は減少し、2016年は2,719名になりました。ただし、2次・3次医療を必要とする救急患者はほとんどすべて当科に紹介されるのが現状で、そのほとんどが入院治療を必要とします。

小児病棟は定床36床で、小児科以外の外科系の小児も入院する小児専用の独立病棟で、病棟専属の保育士を1名配置しています。年間で小児科は約1,200名、小児科以外は250名の入院があります。また、新生児部門は、NICU6床・GCU6床、計12床を有し、入院患者は年間150名前後あり、うち1,500g未満の極低出生体重児が10~15名となっています。院内出生の新生児は年間約200名で、出生時よりすべて小児科医が担当し、毎日回診をして母乳育児を推進しています。

外来診療

一般診療は月~金の午前で2診体制、予約は不要、受付は午前7時30分~11時。

午後は専門外来で予約制。吉田=水(未熟児フォローアップ)、金(1か月健診など)、齋藤=月,火(神経、発達障害など)、林=月(未熟児フォローアップ)、新井=火、水(アレルギー)、小澤=第1,3月,第2,4水(心臓)、佐々木=第2,4月(内分泌)

なお、予防接種は毎火。

※外来診療の最新情報については当院外来日程を参照。

医師紹介

 

役職氏名専門医等の資格略歴
内科系診療部長 吉田 宏 日本小児科学会(専門医)、日本周産期・新生児医学会周産期専門医制度(暫定指導医)、指導医養成講習会修了 昭和57年
秋田大学卒
主任医長 齋藤 なか 日本小児科学会(専門医)、日本小児神経学会(専門医)、日本臨床神経生理学会(認定医)、日本てんかん学会(専門医)、指導医養成講習会修了 平成11年
埼玉医科大学卒
医長 林 雅子 日本小児科学会(専門医)、新生児蘇生法「専門Aコース」インストラクター  平成20年
川崎医科大学卒
医長 新井 啓 日本小児科学会(専門医)、指導医養成講習会修了 平成21年
新潟大学卒
医員 中林 大器   平成24年
聖マリアンナ医科大学卒
医員 林 晃久   平成25年
新潟大学卒
医員 谷 知行   平成26年
獨協医科大学卒
医員 古川 絵美   平成27年
新潟大学卒

※他に非常勤医師として、
伊藤末志医師(小児科専門医:肥満、低身長など)
原田和佳医師(小児科専門医:アレルギーなど)
小澤淳一医師(小児科専門医:心臓)
佐々木直医師(小児科専門医:内分泌,代謝)

ページの先頭へ