鶴岡市立荘内病院 - Tsuruoka Municipal Shonai Hospital

代表電話(24時間)

0235-26-5111

リハビリテーションセンター

  • 基本情報
  • リハビリセンター
  • 各部門紹介
  • 学術発表

リハビリテーション(Rehabilitation)とは

リハビリテーションとは国際障害者世界行動計画の定義では「リハビリテーションとは、身体的、精神的、かつまた社会的に最も適した機能水準の達成を可能とすることによって、各個人が自らの人生を変革していくための手段を提供していくことを目指す」とあります。

リハビリテーション=機能回復訓練といったイメージが強いかと思いますが、病気や怪我などによって損なわれた機能の回復には身体的な回復(いわゆる機能回復訓練)だけではなく精神的、社会的な機能の回復を援助(回復するための手段の提供)することが重要とされています。

当リハビリテーションセンターでも身体的、精神的、社会的な要素を取り入れたリハビリテーションを提供しています。

当院でのリハビリテーション

~早期からのリハビリテーション、組織化されたチームによるリハビリテーション、地域完結型のリハビリテーション~

早期のリハビリテーション

早期のリハビリテーション

以前は急性期の治療が一段落してからリハビリテーションと一般には考えられていましたが、現在は発症後早期からの治療としてのリハビリテーションが重要とされています。

当院でも機能障害や能力低下からの早急な回復、廃用症候群や肺炎など2次的な疾病の予防を目的に早期からのリハビリテーションを行っております。

また、急性期でのリハビリテーションにて全ての問題が解決するとは限らず、引き続きのリハビリテーションが必要と判断された場合は回復期リハビリテーション施設へ紹介しており、最終的には在宅など維持期のリハビリテーションへと移行していきます。

チームによるアプローチ

チームによるアプローチ早期の退院へ向けて、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等リハビリテーション科内に留まらず、主治医や看護師を始め他職種と各病棟ミーティングなどで密に連携を図りながら介入を行っております。

委員会活動・チーム医療活動

RST委員会 医療標準化委員会
褥瘡対策委員会 排尿ケアチーム
NST委員会 認知症ケアチーム
ICT委員会 緩和ケア委員会
接遇委員会

地域医療連携パス

庄内南部地域ではリハビリの円滑化を図るために、医師会が主体となり近隣の病院、診療所、訪問看護ステーションと共同で地域医療連携パス(大腿骨近位部骨折、脳卒中)を運用し、"地域完結型医療"という方針の下、リハビリが行なわれています。

地域連携パスの運用により、入院後早期からリハビリが開始され、大腿骨近位部骨折は術後約2週間、また脳卒中では発症後約2~3週間で地域の病院や施設などへ転院となります。

当院リハビリテーションセンターについて

リハビリセンターは当院3階の東南の角にあり、出羽三山の一つである月山を始め金峰山や高館山が四季折々に移り変わる姿を一望することができます。そのような開放的な空間で患者様が笑顔でリハビリテーションに取り組めるような対応を心がけております。

スタッフ紹介

科長(脳神経外科医) 1名
理学療法士 15名
作業療法士

6名

言語聴覚士 4名
事務員 1名
リハビリテーションに係る専門資格
専門理学療法士(神経) 1名
呼吸療法認定士 1名
認定理学療法士
(運動器2名、神経1名、呼吸1名)
4名

施設基準

  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 癌のリハビリテーション料

各部門の紹介

理学療法(Physical Therapy:PT)

理学療法とは・・・直接の目的は運動機能の回復にあります、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的には生活の質(QOL)の向上を目指します。
対象となる疾患は脳梗塞、脳出血、脳の外傷、腫瘍、小児発達障害、骨折、肩関節周囲炎、変形性関節症、四肢の切断、慢性閉塞性肺疾患、肺炎、心筋梗塞、狭心症、糖尿病、臥床による廃用症候群などです

作業療法(Occupational Therapy:OT)

作業療法とは・・・日常生活、仕事、家庭の役割など社会への復帰に必要な能力の再獲得を目的とし、リハビリテーションを行います。
当院では主に脳卒中による運動麻痺、高次脳機能障害や手の骨折による関節拘縮、その予防に対して治療を行っています。
装具の作成や自助具の紹介など必要に応じて生活の支援も行っています。

言語聴覚療法(Speech-Language-Hearing Therapy:ST)

言語聴覚療法とは・・・ことばを始めとするコミュニケーションの問題、摂食・嚥下の問題に対して専門的なサービスを提供します。
脳卒中などの疾病による言語障害、嚥下障害などを検査・評価し援助を行っていきます。

学術発表(2012-2019)

山形県作業療法士会 左多数指伸筋腱断裂縫合術後の早期運動療法の経験
日本クリニカルパス学会 維持期脳卒中患者のADL能力変化~維持期パスデータより~
山形県理学療法士学会  急性期脳卒中患者の坐位獲得を目指して
山形県理学療法士学会  当院AMI患者への心臓リハビリテーションプログラムの有用性について
全国自治体病院学会 褥瘡予防ラウンドにおける理学療法士の活動報告
日本クリニカルパス学会 「わたしの健康ノート」の作成、運用について
山形県理学療法学会  当院における急性心筋梗塞患者への心臓リハビリテーションプログラムの紹介
山形県作業療法学会  中手骨骨折と伸筋腱断裂の複合損傷例への作業療法
山形県理学療法学会  右脛骨天蓋骨折腓骨骨折を受傷した症例 
山形県理学療法学会 大腿骨近位部骨折患者の在院日数と退院時歩行能力の検討 
日本クリニカルパス学会 大腿骨近位部骨折術後2週目のADL動作と在院日数の関係
日本理学療法学会 扁平足のインソール装着による骨盤・肩甲骨への波及効果 -デジタルカメラの臨床応用の検討-
山形県理学療法学会 当院認知症ケアチームにおける理学療法士の役割と活動報告 -多職種連携の中で求められていること-
山形県理学療法学会 人口膝関節置換術患者の術後理学療法と在院日数の検討 ~階段昇降に着目して~
日本クリニカルパス学会 大腿骨付近部骨折地域連携パス術後6ヶ月予後アンケート調査3
山形県理学療法学会 運動器領域における臨床的推論
このページの先頭へ戻る