鶴岡市立荘内病院 - Tsuruoka Municipal Shonai Hospital

代表電話(24時間)

0235-26-5111

看護部

NICU・GCU

スタッフ

地域周産期母子医療センター長 吉田 宏
小児・新生児科医師 齋藤 なか、林 雅子、新井 啓、中林 大器、林 晃久、谷 知行、古川 絵美
小児外科医師 大滝 雅博
地域周産期母子医療センター看護主幹 渡部 泰恵子
NICU 高橋 深雪看護主査、新生児集中ケア認定看護師1名、他看護師14名
GCU 金子 弘美看護係長、他看護師7名、看護補助者1名
薬剤師 田中 庸、植村 奈緒瑠
管理栄養士 佐藤 田鶴
臨床心理士 柏倉 貢

NICU・GCU紹介

母体・胎児及び新生児において、リスクの高い妊娠に対する医療や高度な新生児医療の充実を図ることを目的に、平成22年4月、4階西入院棟(産婦人科)と合わせて「地域周産期母子医療センター」として県より認定されました。対象としては超低出生体重児からハイリスク新生児、小児外科疾患と幅広く、また新生児搬送も受け入れ、三次周産期医療機関としての役割を充分に発揮できるよう体制を強化しています。

NICU(集中ケアが必要と思われる児のベッド)は6床、GCU(急性期を脱した児のベッド)は6床で構成され、24時間小児科医が常勤しておりいち早く赤ちゃんの状態に対応しています。産婦人科入院棟に隣接し、ハイリスク妊婦情報を産科スタッフと共有し、分娩に備えています。また、赤ちゃんとご家族が退院前に静かな環境で育児練習が出来るようにファミリールームを備え、退院後の生活をシミュレーション(母子同室)することができます。赤ちゃんの成長・発達の手助けをし、安心して退院の日を迎えていただけるよう支援します。

高度な医療と温かい心を併せ持つセンターを目指して頑張っています!

平成29年 4月改訂

kangobu_09.JPG kangobu_10.jpg

セクションに関するページ

看護部に関するページ

このページの先頭へ戻る